BLOGブログ

おでこ&眉間シワをフェイスマップで解析! 気になる原因・改善方法は?

スキンケアや生活習慣においてどう対処すべきか、顔ツボ・反射区の専門家がナビゲート。
加齢によって悩まされる人も多いおでこや眉間の深いシワ。
目を開けたり閉じたりする筋肉と大きく関係し「目もと印象」まで左右しているのをご存じですか? 
今回はおでこ・眉間にシワを刻んでしまう原因筋と対策について、フェイスマップ®の観点から徹底分析します。

1,顔の反射区、フェイスマップ®からわかること

肌トラブルで不調がわかる臓器からのメッセージ

足裏に内臓の反射区があるように、顔にも内臓の反射区があるのをご存じですか? たとえば眉間は「肝臓」の反射区。その反射区のパーツに、吹き出物が出たり、シワやシミができたりした場合には、肝臓の働きに弱まりがあるかもしれない、と考えるのです。
自分の顔のどのパーツにトラブルが出やすいかによって、不調がある臓器を知る手掛かりになる、それが顔のツボ反射区=フェイスマップ®ケアです。あなたの顔の肌トラブルがどの臓器からのどんなメッセージなのか?紐解いていきましょう。

2,眉間シワの原因は? 肝臓ゾーンと密接な関係が?

眉間のシワが深いタイプは「穏やかに見えるけど、怒り、ためてますよ!?」

眉間は肝臓の反射区。フェイスマップ®では、肝臓は怒りの感情とつながっていると考え、眉間の縦ジワが深い人は心に怒りをためている可能性があると考えます。心の中にふつふつと怒りをためこんでいませんか? 怒りの蓄積からアルコールを飲み過ぎていませんか? とっておきの怒り発散法もこの後のコラムでご紹介します!

3,おでこのシワの原因は? 腸の弱さが隠れている?

おでこのシワが急に深くなったら、加齢によって、目を開ける筋肉にサボり癖がついた?

おでこにくっきりと入る横ジワは、目を開けるときに本来のまぶた筋(上眼瞼挙筋と眼輪筋)を使わなくなり、額の筋肉(前頭筋)で目をつり上げているために生じます。
さらに額の中央は小腸の反射区。腸は脳と相関しているので、精神状態もこの部分に表れ、額の中央に急に深いしわ入ったりしたら、精神的に負担がかかっている可能性が。ストレスを上手に解消するようにしたいですね。

4,怒り&ゆううつメンタルを整えてシワ軽減

眉間にシワが深い人は、心に怒りをためている可能性大。怒りをすぐに発散できるタイプなら問題ありませんが、心の中に怒りをため込むタイプは眉間にシワができやすいので要注意。簡単に発散できる実践済み方法をいくつかご紹介。

・深く呼吸する
・怒りやゆううつな感情を頂く相手の頭に、チューリップが生えているのを想像する(笑)
・書棚や洗面所など、家の1カ所を徹底的に掃除してスッキリさせる
・実現できそうな目標を張り紙に書き、上手くいった未来の自分になりきる
・〇〇しなければ、〇〇するべき、といった執着からとりあえず一旦離れる

5,おでこ・眉間のシワを深くしないコスメと食生活は?

・シワ・たるみケアには、ハリを与えるエッセンシャルオイル配合のコスメが有効
シワやたるみなどのエイジングケアにおすすめなのは、肌にハリを与えるエッセンシャルオイルが配合されたコスメ。眉間の肝臓の反射区や、目尻の胆のうの反射区、ほうれい線の部分の大腸の反射区のシワが気になる人におすすめです。香りが良いので心も癒されます。

・ジャンクフードなど脂っこいものや肉を控えめに
眉間は肝臓、目尻は胆のうの反射区。眉間にシワのある人は肝臓に、目尻にシワがある人は胆のうに負担がかかっている可能性大。そしてこの二つは共に働いて油を消化する臓器です。脂っこいものや肉を食べ過ぎていると負担がかかり、これらの部分のシワのもとに。まずは脂っこいものを控えめにして、リンゴ酢や梅干しなど脂の消化を促す酸味のあるものを取り入れて。また、ごぼう茶やタンポポ茶など肝臓の機能を助けるお茶もおすすです。

6,顔のツボ反射区フェイスマップケアで改善

おでこのシワができやすい人は、目を開くときに、本来使われるべき眼輪筋や上眼瞼挙筋でなく、前頭筋という額の筋肉を使っていると、シワが生じやすくなります。前頭筋と関係するポイントや、眼瞼下垂を改善して目を開きやすくするポイント、額のシワをダイレクトにほぐすポイントなどを刺激しましょう。

眉間は、解毒や油の消化などに関わる肝臓の反射区です。肝臓は怒りの感情とつながり、怒りが溜まると眉間に深いシワが寄りやすくなります。眉間のシワには眼輪筋や、眉を中央に寄せるしゅうび筋、眉毛の皮膚を持ち上げる鼻根筋がつながっているのでこれらの筋肉をほぐすポイントを刺激しましょう。

おでこシワ:目を開きやすくするポイントを刺激

1前頭筋にアプローチ
額の生え際で、正中線を間にした左右。
2額のシワをほぐす
正中線上の、眉間と生え際の中間地点。
3自律神経を整える
眉間中央から親指幅1本上。
4前頭筋にアプローチ
黒目の中心の真上、眉毛の上から親指幅1本分上の骨のくぼみ。
5眼瞼下垂を改善
黒目の中心の真上、眉毛の上から小指幅1本分ほど上。

各ポイントを5秒間、指の関節や専用スティックKAOYOMIを使って押します。

眉間のシワ:縦ジワをやわらげ、目をパッチリさせるポイントを刺激

1まぶたの動きを改善
眉頭の端のくぼんだ部分。
2皺眉筋に働きかける
目頭の真上の眉上。
3目の疲れを改善
目頭の内側の、斜め上の骨とぶつかる部分。
4不愉快な表情を改善
鼻すじの上で、左右の目頭の中間。
5鼻根筋にアプローチ
左右の眉毛の中間地点。

各ポイントを5秒間、指の関節や専用スティックKAOYOMIを使って押します。

7,まとめ ~顔が変われば人生が変わる~

顔のツボ押しはたった3分でも成果が出る一方、自分でできるの?ツボの場所がよく分からない...という疑問もあるかもしれません。
そこで自身の顔ツボをすばやく捉え、簡単に押したりほぐしたりできる専用ツールセット【KAOYOMI】で3分ツボ押しを♪
3種類のツボ押しスティックには、それぞれレッスン動画が40個ついており、どなたにでも簡単に顔ツボケアが始められます。


お買い求めはこちら ⇒ 新・顔ツボケア【KAOYOMI】

SHARE!

BLOG TOP